チャンピオン大会のご報告とお礼

新着情報

第1回知域王チャンピオン大会in佐渡が、無事終了しました。

参加児童、もとい参加選手は 48名!(悪天候で当日欠席が何名かあったのが悔やます)48名で予選会を行い、4名のファイナリストを選出。4名の中から、今回の大会のチャンピオンを決定いたしました。

決勝戦は、大型スクリーンでライブ配信!選手は、決勝進出者の対戦を大型スクリーンで観戦し、僕と教育委員会教育長の新発田さんと一緒に実況させていただきました(笑)

決勝に進出した4人は、6年生2人と4年生、そしてなんと2年生!年齢差が関係ないゲームだと改めて感じました。

見事予選を勝ち抜き、今回のチャンピオンになったのは、加茂小学校の6年生でした!!「頑張って練習して、優勝できたのが嬉しいです」と、沢山遊んでくれたであろうコメントをしてくれました。今回のルールに入っていた「ご当地役ルール」も、しっかりと覚えてきてくれたのが、勝利のポイントかもしれませんね。

優勝の副賞「ホテルイタリア軒宿泊券」も、とても喜んでいただきました。その他、副賞も豪華なラインナップでご用意しました。(協賛の佐渡観光交流機構様から八幡館の宿泊券をご用意いただきました。ありがとうございます。)また、今回は沢山の企業様からの協賛、そして当日のスタッフとして3つの団体からご協力をいただきました。

今回の大会は、僕達だけで作るのではなく、「地域全体で新しいイベントを作る」という目標を達成することが出来たと感じております。沢山のご支援、そして運営のサポートをいただき、誠にありがとうございました。

知域王(ちいきおう)は、『あそぶ!まなぶ!すきになる!!』のキャッチコピーの通り、「遊びながら地域を知り、学ぶきっかけになれば」と作成したゲームです。今回参加してくれた子ども達も、ゲームが楽しくて参加しており、「地域をより深く理解したい!」とは考えていない子がほとんどだと思います。

でも今日まで、「来い!おけさ柿」「その真野御陵をひっくり返して」など、知域王で遊んでいるからこそ出てくる佐渡の地域ワードが沢山ありました。意識せずとも、地域に触れていることを肌で感じることが出来ました。知域王を通して触れている地域が、これから子ども達に根付いていくこと、地域学習のきっかけになることが、次世代の地方創生のきっかけになればと思います。

参加いただいた児童、保護者の皆さん、協賛いただいた企業の皆様、運営をサポートしてくださった皆様、イベントに協賛くださった佐渡市、佐渡市教育委員会の皆様、
本当にありがとうございました!!!

第2回知域王チャンピオン大会in佐渡でまた会いましょう!!

<協賛企業様一覧>
・株式会社エバーソフト
・taneCREATIVE株式会社
・株式会社EDOPON
・おにCAFE
・佐渡観光交流機構
・佐渡汽船株式会社
・株式会社第一印刷
・株式会社タカヨシ
・有限会社両蒲
・渡辺産商株式会社

協力団体
・佐渡青年会議所
・佐渡科研究会
・佐渡市地域おこし協力隊

タイトルとURLをコピーしました